FC2ブログ

white square entry[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

white square entry[3幕構成について] セットアップ(設定)

setup
 今回は3幕構成におけるACT1「セットアップ(設定)」について書いていきたいと思います。
※このエントリは後に追記します。


スポンサーサイト
-->

 セットアップには作品の設定が書かれます。セットアップでは『作品の方向性』を理解してもらう。主人公が行動する『きっかけ』を起こす。『セントラル・クエスチョン(重要な問いかけ)』を設定する。の3つを書くことになります。


  • 作品の方向性を示す

 映画やドラマの脚本の場合にはこの部分を、イメージによって補う方が良いようです。ダイアローグ(セリフ・会話)をあまり入れず主にイメージを使います。映画の冒頭(開始5分ほど)などを見るとやはり会話はあまりなく、その映画のイメージが多い気がします。


  • 主人公が行動する『きっかけ』を起こす

 イメージによって作品の方向性を示し、ストーリーは始まります。次はストーリーの主要な人物を紹介し、また彼らがどんな状況なのかを示していきます。これが『きっかけ』となります。刑事モノなら殺人事件が起こったり、恋愛ものならお互いが出会います。


  • 主人公が行動する『きっかけ』を起こす

 イメージによって作品の方向性を示し、ストーリーは始まります。次はストーリーの主要な人物を紹介し、また彼らがどんな状況なのかを示していきます。これが『きっかけ』となります。刑事モノなら殺人事件が起こったり、恋愛ものならお互いが出会います。


  • 『セントラル・クエスチョン(重要な問いかけ)』を設定する

 方向性を示し、きっかけを起こした事でストーリーは進み始めます。ここで作者は読み手や観客に作品の結末に対する問いかけをします。先ほどの恋愛ものならば、『主人公とヒロインは結ばれるか?』といったようにです。これによって作品の結末は予測は出来ますが、本当の結末は分かりません。読み手は結末までに何が起きるか興味を持ち続ける事が出来るのです。


 以上の3つを行う事でストーリーを進める準備は出来ました。次回はアクト1の出来事の設定を書いていきます。

スポンサーサイト
[ 2007/07/13 01:46 ] 3幕構成について | TB(1) | CM(1)
腰が痛いのは辛いものです。
私も14年間悩まされました。

私が考案した腰痛解消法をお試しください。
現在、日本で一番多く実践されるようになりました。

【3分腰痛解消法】で、検索すると見つかります。
腰をお大事に。
[ 2008/04/12 14:34 ] 腰痛アドバイザー [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://makinkoss.blog112.fc2.com/tb.php/6-dbf058a2
現役女子高生グラビアアイドルの桐山瑠衣が、『天然華汁さやか』(『別冊ヤングマガジン』にて連載中)の実写映画に出演。処女でありながら...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。